このブラウザではコンテンツが正しく表示されない場合がございます。最新のブラウザでご覧下さい。

精霊竜ウィルミア / GM

精霊竜ウィルミア

病みし樹と共に狂いゆく竜

フィンダムの大地と強く結びつき、芯なる樹と共生している竜。
病んだ芯なる樹の影響を最も色濃く受け、かつて大地を育んだ大きな慈悲は全く別の何かへと変質している。

グランドミッション『呼び覚まされし竜』

フィンダムの未来を賭けた精霊竜との戦いは、芯なる樹の樹内で起きた出来事のひとつとして、この聖なる不思議な場所に記憶された。
その記憶を求める一部の覚者にとって、精霊竜は過去をも超える壮絶な試練として立ちはだかるだろう。

  • 精霊竜ウィルミア

  • グランドミッション

黒騎士 / EXM

黒騎士

-絶対的敵対者-

黒い鎧に身を包んだ謎の騎士。
セシリーを亡き者にしようと執拗に付け狙うが、その真意は謎のままである。
片手に刀を持っている時は悠然と覚者の様子を観察するかのような状態であるが、無論、脅威と呼ぶに十分な戦闘力を誇る。

黒き刃は全てを“無”へと返す

背後に十刀を従えた状態では全ての攻撃がその本領を発揮。
重力を自在に操り、その十刀は大剣やダガー、魔道弓にも似た多様な動きで覚者を苦しめる。

エクストリームミッション『君臨せし闇』

黒騎士の脅威が途絶えることは無い。
それでも、覚者達は抗い続ける。
フィンダムを脅かす黒騎士を討伐し、新たな武器の生産素材を入手せよ!

???

果てしなき闇、敵対者への挑戦

シーズン2.3では、新たな遊び方で挑むエクストリームミッションも登場!
幻影のような黒騎士だけでなく、禍々しいオーラを放つ黒騎士の剣にも注目したい。
過去の限界域といったようなコンテンツとは違うようだが……

  • 黒騎士

  • エクストリーム
    ミッション

  • ???

メインストーリー

フィンダムの族長たちの結託により、
精霊の地の封印は解かれた。

芯なる樹の浄化のため、樹の中心部にある最古の根、
芯脈の治療を始めるセシリーとその父ガラダ。
しかし、樹内は汚染された侵食魔で溢れていた。
はたして芯なる樹は浄化され、
大地と精霊竜は元の姿を取り戻すことができるのだろうか―
フィンダムを襲いし魔の手は消え去るのだろうか―

アズール装備

アズール装備

気絶耐性やスキル封印耐性といった強力なステータスを備えているぞ。
黒騎士や精霊竜ウィルミアとの戦いを制して、蒼に輝く装備をその身に纏え!

モンスター

-蒼き深森の主-

その体表に輝く青い鉱石は、フィンダム大陸に満ちた竜力が樹液と共に結晶化したもの。
本来、森を冒す者以外には敵意を示さない温厚な種であったが、芯なる樹が侵食されたことに影響されており、近づく存在全てを排除しようとする。

-禍々しき忘却の獣-

侵食が進んだ魔族の姿。
脳深くまで侵食された結果、魔力を行使するだけの知性は失われている。
しかし、それと引き換えに得た凶暴性や筋力は覚者を翻弄し、行く手を阻む。

-零れる侵食、穢れの血-

より侵食が進んだ、暴れ狂う巨大な怪鳥。
侵食核を生やし異形となったその体からは、影響力の強い侵食胞子を含んだ体液が染み出す。
当然、その体液すらも覚者の脅威となることは明らかである。

芯なる樹

そして、覚者達は「芯なる樹」を訪れる。

そこは侵食が異常なほど進んでしまった「フィンダム」の心臓部だった。
かつて聖域と呼ばれた姿をもう保ってはおらず、禍々しい雰囲気を漂わせる。
凶悪な魔物が巣食うこの場所で、覚者達を待ち受けるものとは……

クランダンジョン

クラン拠点のどこかに隠された一室に、
ある探検家の軌跡が記されていた―

クランダンジョンとは、世界中に散りばめられた手掛かりを集めることで解放できる特別なダンジョンだ。
手がかりはクラン拠点の隠された一室で共有することが可能。
探索できるダンジョンは、クランメンバーが見つけた手がかりに応じて増えていく。
探検家の足取りを辿り、フィネガンズ装備を手に入れよう!

リファイン

スキルパレット切り替え時間短縮

シーズン2.3でも数々のリファインが実装。
その中でも注目すべきは、スキルパレットの切り替え時間短縮だ!
戦闘中でも、少しの隙を狙ってすぐに切り替えが可能となった。
多種多様なスキルを活用して高難度の戦闘も切り抜けよう。