このブラウザではコンテンツが正しく表示されない場合がございます。最新のブラウザでご覧下さい。

カスタムスキルEX

各ジョブ、特定のカスタムスキルを、
戦闘スタイルに合わせて「剛」もしくは「技」に変更することが可能になる。
両系統ともに習得可能だが、どちらをセットするかで立ち回り方は大きく変わるだろう。

ファイター

刀牙昇斬

ダメージ量と攻撃ヒット数が増加。
人間/竜族/錬金系の敵に与えるダメージ量が増加。
また、チャンス攻力と疲労攻力もやや増加。

前方に対しての攻撃範囲が大幅に拡張し、吹き飛ばし力が増加。
また、ダメージ量、チャンス攻力、疲労攻力がやや増加。

ハンター

連なり射ち

発射数が5発から6発へ増加。
また、連なり射ち-剛-に付与した紅蓮爆矢の攻撃威力が上昇。

構え中の移動速度が上昇。
さらに、最適距離の範囲が拡張、射程距離も延長。

プリースト

ソラースライザー

治癒上限値を徐々に回復する。

敵にダメージを与えた時、体力が回復する効果を付与。
離脱後の効果時間大幅延長。

シールドセージ

アースシェイク

岩石を吹き飛ばし、ダメージを与える。
戦甲を攻撃時、ダメージ量が増加。

周囲の敵の注目を素早く集める。
エンチャントが付与されている際は、エンチャント属性の状態異常を発生させることも可能。

シーカー

流し暗殺

ダメージ量と気絶攻力が増加。

空中で使用可能になる。
チャンス攻力と疲労攻力が増加。

ソーサラー

ダークネスミスト

闇の霧の中心部分のダメージ量が増加。
亜人、鬼人、巨人系の敵に与えるダメージ量が増加。

毒/睡眠の状態異常を付与。

エレメントアーチャー

炎魔弓

ダメ―ジ量が増加。
魔矢が刺さった敵に継続してダメージを与える。

魔矢が刺さった敵へ攻撃した際の状態異常値を増加させる。

ウォリアー

魔人駆け

ダメージ量が増加。
また、リベンジゲージ最大時には更に上昇。
亜人、鬼人、巨人系の敵に与えるダメージ量が増加。

発動時に敵の攻撃を受けることで、魔人駆け -技- で敵にダメージを与えた時、リベンジゲージがたまり、ダメージ量も増加する。

アルケミスト

パイル・バインダ

ダメージ量が増加。
打ち込まれた錬成杭の錬成値が徐々に増加する。しがみついた状態で発動可能。

錬成杭を打ち込んだ敵へ放ったエリクシル/アルケム・バーストの状態異常値が増加。

スピリットランサー

ウォール・グラスタ

防御力と、ヒールブースト時の攻撃力の上昇量が増加。

敵にダメージを与える時、スタミナが回復する効果を付与。霊球の展開時間と効果時間が延長。

絶技の継承

絶技の継承

竜力の継承・戦技の継承に次いで、
シーズン3では「絶技の継承」が追加。

「絶技の継承」の解放には従来のブラッドオーブに加えて、さらに強い竜力を秘めた結晶「ハイオーブ」を使う必要がある。
「絶技の継承」では新たに実装される「カスタムスキルEX」の解放などを行える。

ジョブエンブレム

ジョブエンブレム

PP(プレイポイント)を使って強化出来るジョブ専用ジュエリーであり、
ジョブごとに1つ装備することが可能。

ジョブエンブレムには育成要素もあり、物理攻撃力やスタミナ、疲労攻力や各属性耐性など自分の好みで能力を強化できる。
気絶攻力を高めた拘束狙いのアタッカー、攻撃力を高めてダメージ重視のヒーラーなど、覚者のプレイスタイルの幅が広がる新たなシステムとなる。
さらに、ジョブエンブレムはジュエリーのアビリティ効果を継承することも可能だ。

掲載されている内容は開発中のため、
変更になる場合がございます。