このブラウザではコンテンツが正しく表示されない場合がございます。最新のブラウザでご覧下さい。

プレイマニュアル

プラットフォーム選択

デバイス選択

ジョブとは?

ジョブとは

覚者は様々なジョブに就くことができます。ジョブ特有の行動や、習得したスキルやアビリティを駆使して冒険を進めましょう。
また、パーティープレイではジョブロールを意識し、協力しあうことで戦いを有利に進められます。
神殿内の転職・戦技補佐を訪れて色々なジョブを試してみましょう。

ジョブロール

パーティープレイでは、戦闘時に自身のジョブがどのような役割を担っているかを把握しておくことが重要です。
ジョブの役割(ジョブロール)にはアタッカー/ヒーラー/タンクの3種があります。

  • ※中にはエレメントアーチャーやスピリットランサーのように、ヒーラー的な立ち回りとアタッカー的な立ち回り、双方が可能なジョブもあります。
アタッカー(ファイター、ハンター、ソーサラー、シーカーなど)
敵にダメージを与えることが主な役割です。
ヒーラー(プリーストなど)
仲間の回復と戦況に合わせた支援が主な役割です。
タンク(シールドセージなど)
高い防御力を生かし、敵の注目と攻撃を引き受けるのが主な役割です。

パーティープレイ時の基本

パーティープレイ時の基本

タンク系ジョブのプレイヤーやポーンを狙っている敵は体力ゲージに“タンクアイコン”が表示されます。
アタッカーやヒーラーは、そのアイコンを確認して、タンクを狙っている敵を攻撃したり、回復や支援を行なうことで安全な立ち回りが可能です。

また、パーティー時は仲間2人以上と連係することで行なえる“連係アクション”を意識することで、より有利に戦えるでしょう。

敵の注目が集まる条件

敵の注目度があがる要因として、下記のものがあります。

  • 敵に攻撃する、ダメージを与える
  • 回復魔法を使う
  • 敵との距離が近い
  • 敵にしがみついている(中~大型の敵)
  • 挑発スキルを使う(シールドセージのアトラクトなど)

敵に狙われたくない時、または自分に注目を集めたい時は意識して立ち回るとよいでしょう。

ジョブマスターによる成長

ジョブは、各地に存在する各ジョブの“ジョブマスター”に師事し、“ジョブ修練”を受けることで、さらに高レベルのスキルやアビリティへと成長させられます。

また、新たなジョブの開放も彼らを通して行なうことができます。